外壁のしみ

水漏れ

水漏れ修理が落ち着いたかとおもえば、今度は外壁のシミが目立っていました。
先日自分で磨いてみましたが、どうもうまくいきません。

例えるならば、雨が汚れと共に流れ落ち線が黒く残ってしまう・・・様な感じの線が黒く残ってしまいました。どうにもこうにも行かないので外壁塗装の職人さんを呼びました。
さすがに手早く汚れを落とし、壁一面をきれいに塗り替えてくださいました。
感謝です。最初からプロの方にお願いすればよかったと・・・。

メンテナンスの必要性
住宅には定期的なメンテナンスが必要です。大手ハウスメーカーでは新築住宅の性能補償を10年間としているところがあります。
10年以内に色々な不具合が生じた時は、無償で修理してくれます。10年以降は自分でメンテを依頼することになります。これは大手ハウスメーカーの一例ですが、中小のハウスメーカーや工務店となると、ここまでの補償はなかなかしてくれません。

定期的なメンテを行っていても、10年もすれば住宅設備が古くなったり、あちこちに不具合が出てきます。

外壁塗装によるリフォーム効果
例えば屋根の雨漏り修理をしたり、キッチンの水漏れ修理が必要になったりします。そのような時、リフォームのきっかけとなります。
また建ってから10年後に外壁塗装をするケースが多いのですが、その時に壁にクラックが入っていたりすると、その修理をきっかけにリフォームするケースもよくあります。リフォームの効果が最も表れるのが外壁塗装なのです。

外壁の色を変えるだけで、住宅のイメージは一新します。お金をかけないでリフォームをするなら、外壁塗装は効果的です。

修理こそリフォームのチャンス
雨漏り修理や水漏れ修理が必要な場合は欠陥住宅でない限り、リフォームをする時期にきていると考えて間違いありません。
特に雨漏りなどは構造的に問題があるので、修理で一時しのぎするよりもリフォームによって根本から改善した方が、住宅を長持ちさせることができます。

住宅は年月と共に劣化していきますが、住み慣れてしまうとなかなかリフォームに踏み切ることはできません。雨漏りや水漏れや外壁塗装などをチャンスと捉える前向き志向が必要です。

水漏れ修理

水漏れ蛇口

水漏れ修理は、水回り(キッチン、トイレ、風呂、洗濯パン)などから、水が漏れるのを修理することです。これは、給水の水が止まらないのと、排水の排水管から水が漏れるのに分かれると思います。給水の場合は、水の元栓を止めてから水の漏れている部分を分解して、部品を交換するなり、防水テープを巻いて給水パイプのジョイント部分を増し締めします。

排水からの水漏れも簡単なものなら、止水テープを使って水漏れ部分に巻くことで直りますが、無理なら部品交換です。

外壁塗装
外壁塗装は、足場を組まなければ出来ないようなものは、プロでなければ難しいでしょうが、ハシゴや脚立でするぐらいは、素人でもできます。

適当な目の粗さのペーパーで、外壁の汚れ落としと、足付けをします。次に、足付けで付着したゴミを水で洗い流します。
少し時間を置いて外壁が乾いたら、他の部分に塗料が着かないように養生をします。養生をしてから塗装にかかりますが、下地塗装が必要な場合は、サフェーサーから塗りつけます。下地をよく乾燥させてから、上塗り仕上げをします。

雨漏り修理水漏れ修理外壁塗装
雨漏り修理と言えば、実家の倉庫の天井です。
ここは、絵画だの美術品だの色々としまっているところですが、ここの天井からある日突然ポツポツと雨漏りがしだしたのです。
その結果、あらゆる美術品をダメにしてしまい、カビが生え捨てる始末となりました。みなさん、どうぞ気を付けてください。雨漏りは初めが肝心です。

初期に業者に頼めば何とかなります。やはりプロにはかないません。お金多少かかります。水漏れ修理と外壁修理へ

水漏と原因
実は、私の住んでるマンションでは、1階が駐車場になっているのですが、
そこに停めておいた車や自転車が時々ずぶぬれになってしまっていたのです。
水漏れ修理。雨の日でもないので、だれか水遊びをしたなと、階段を上がり我が家へ入りました。そこまでは良かったんです。
洗いあがっているはずの洗濯物を干さなきゃと洗面所へ行くと・・・水びだしになっているではありませんか。まるで池の様に・・・。

水漏れ修理を頼まなきゃと思い電話しました。